画期的な海水淡水化プラント。大幅なコストダウンを可能にする高速海底浸透取水システム、HiSIS(ハイシス)

高速海底浸透取水システム ハイシス (HiSIS)
High-speed Seabed Infiltration System日立造船株式会社と共同特許取得

地球上の水の97%は海水です。つまり真水は3%しかありません。しかしながら、今後世界的な水不足が大きな問題となりつつあります。そのため、海水淡水化で水不足を解消することが求められているのです。現在の海水淡水化は膜法(RO 膜法)が主流となっていますが、MAX50%しか淡水化できません。そのため、淡水化プラント規模はどんどん大きくなり、それに伴うコストも膨大です。ナガオカは、コア・テクノロジーでもあるナガオカスクリーンを応用して、画期的な海水取水システムを日立造船株式会社と共同で開発しました。それが「高速海底浸透取水システム ハイシス」です。ハイシスの技術を応用することで、海水淡水化プラントの大幅なコストダウンが可能になります。

ハイシス 構造図
ハイシス 構造図

取水量100,000m3/dでの試算

種 別 ハイシス 従来型海底浸透取水
浸透速度 100m/日 6m/日
必要浸透面積 1,000m2 約 20,000m2
  • 海洋性生物の
    付着がない!

  • 地上での設備が
    最小限!

  • 薬品の使用を
    大幅に削減!

  • 直接取水によるSWROフロー(従来方式)
  • 海底浸透取水によるSWROフロー(ハイシス) 従来方式の工程が ハイシスでは、大幅な工程短縮を実現!
  • 直接取水の問題点と浸透取水(ハイシス)の特長
    取水方式 直接取水 浸透取水(ハイシス)
    海洋性生物付着 深刻な問題が毎年1~2回発生 無し
    前処理排水の処理 洗浄排水槽、濃縮槽、1次希釈、
    2次希釈、脱水などの設備が必要
    不要(地上設備が最小限)
    薬品注入 次亜塩素酸や凝集剤などを大量注入 大幅に削減可能(産業廃棄物処理が不要)

イニシャルコスト、ランニングコストの低減!

世界で展開するHiSISの実証運転

UAEにおけるHiSIS Pilot Plant
場所:
アブダビ Umm Al Nar(アラビア湾 / 現 Sas Al Nakhl Island)
期間:
2014年6月~2016年3月
概要:
アブダビ水電力庁の協力のもと
HiSISの設計、製作、建設を 日立造船と共同で実施
規模:
取水量 400m3/日 (浸透速度 100m/日)
中国におけるHiSIS Pilot Plant
場所:
中国河北省唐山市曹妃甸
期間:
2014年9月 ~ 2016年9月
概要:
北控水務集団有限公司と提携し、HiSISの設計、製作、建設を実施
規模:
4,400m3/日 (浸透速度 100m/日)